読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低収入がお金を意識して生活する。

○○論

私は貧民だ。なのでいろいろ考えながら生活していかないと!

お金については、固定的な支出を把握して、変動性があるものはこれにはこのくらい使うと支出の予算を決める。残りは自由なお金だ。ちなみに毎月の貯金は固定的な支出としている。突発的な支出もあるだろうから、口座には額を決めてその額を下回らないように余裕を持たせている。支出をベースにして考えている。


ない袖は振れないので、贅沢はしない。嗜好品で欲しいものがあるときは、何ヶ月か積立てをして購入する。この前もこれでオーディオ機器を買っちゃった。あとは、企業でやると問題になるけど、給振以外の口座から引き落としになるものがあって、その口座にお金を入れるときに多めに入れてプールしている。裏金ですな。へそくり。


車とか車の維持はお金がかかるけど、田舎民なので必須である。なので車には詳しくないけど、調子が悪くなって修理にならないように気を遣っている。実践しているのは、たまに長距離ドライブに行くこと。車は1回に短い距離しか乗らないチョイ乗りだと調子が悪くなる。通勤がチョイ乗りの範囲だから、時間を作って遠出している。最近じゃ、趣味と実益を兼ねてきているが。ガソリン代が少々かかるが、大きな故障のリスクを減らせるのなら安いものだ。あと、オイル交換。安くてもマメに。これで、14年落ち19万円で買った中古車で特に問題もなく2回目の車検を終えた。


歳をとってくると、病気のリスクも気になるところ。急に怪我もするかもしれない。その備えをどうするか思案してるが、貧民がそこまで気を回すのは厳しい。しかしねぇ、そんな不確定要素の強いリスクに手厚い手当ては考えられない。今のお年寄りは結構しているけど。

貧民の生活には、手間と知恵が絶対的に必要だ。もし貧民を抜け出しても知恵は使っていかないと破綻するだろう。今のところは、貧民とQOLとのうまいバランスを模索していきたい。

窓から空を見ている。

日記

窓から外を見ている。


青空である。白い雲が流れて行くのがよく見える。

俺の感覚だと、雲が流れるのが見えるのって、山とか高いところに行ったときにあるイメージなのだけど、今日は関東平野のど真ん中でも見えた。

本当は注意が言っていないだけで、もしかすると東京都心でも見えるのかもしれない。ああ、でも、高い建物に囲まれてしまうと、空が広く捉えられないから難しいか。俺の家は、田んぼに囲まれて空は広いからな。

必死にネットで研究して、健康を得た。

日記

いつもの生活に変わったことがあったから書いてみる。


今日は、最近では珍しいことに精神状態が安定していた。いつもは何かに追い立てられるような感じだったのだが。


こうやって落ち着いて過ごせたのは、いろいろとネットで研究した成果だ。

何をやったのかというと、布団を干して、シーツを替えたことと、一日中窓を開けておいて部屋の空気を入れ替えたこと。

普段、生活していれば当然にすることとと思われることだが、俺にはできていなかった。


安定した精神状態は気持ちがいい。

静かに過ごす午後

日記

今、ラジオや音楽を消して静かに過ごしている。

気分は、穏やかな気持ちになっている。


いままで、自分の部屋にいるときは、何かしら「音」を流していたが、なかなか追い立てられるような気持ちが抜けきれなかった。落ち着くためのラジオや音楽だったのだが、うまくいかなかった。

こんなに穏やかな世界があるのなら、音なんて必要なかったのかもしれない。

もうすぐ夜が明けて俺の休日が始まるのだが。

日記

もう夜が明ける。未だ眠れないでいる。最近は、休日の前の夜に全く眠れない。眠くならないのだよ。

毎回、休日には出かけようと意気込んでいるのだけれど、毎回、夜に眠れなくて、寝不足で運転するのは危くって結局出かけられない。

今回も二の轍を踏むことになってしまいそうである。


でも夜はいい。余計なことを考えずに過ごせる。ストレスを解消できる。昼間はなぜか落ち着かないのだ。昼間は手持ち無沙汰になるけど、夜はそんな感じにならない。

これはこれでいいのかもしれない。

車の中の音楽環境。

雑記

 車の中の音楽環境のお話をします。

 俺のクルマのオーディオデッキは、iPodをUSBでの接続で繋げるので、以前は愛用のiPodClassicを繋いで使っていました。しかし、状況が変わったんです。iPodClassicをできる限り長く使いたいんです。

 数年前から言われているように、iPodClassicはレアな品になってしまいました。160GBの容量とクリックホイールの使い勝手が人気で、生産が終了した今でも中古市場では高値で取引されているようです。

 

 なので、普段、ちょっと車に乗るとき、通勤や買い物などは、iPodClassicは使わない方針にしました。熱でやられるかもしれないので、いつも車内に放置しておくのはやめます。

 

音楽好きな俺は、 ちょい乗りでも音楽はかけたいので、仕方なしにUSBメモリに音楽をたくさん詰め込んで代用しはじめました。

ここで問題が。入れたアルバムの曲順がおかしい。俺は、アルバムの曲順を大事にしていて、聴き慣れたアルバムが違う曲順で再生されるのが嫌なんです。シャッフルモードになっているのかと確認してみてもシャッフルにはなっていない。デッキが壊れたのかな?ネットで検索してみると、同じ症状の人がたくさんいて、どうやらちゃんと曲順を揃えて入れても出鱈目な曲順になってしまう仕様らしいです。

 

 これでは我慢できない。どうしたものか。

 

いろいろ考えた挙句、レガシーな方法を試すことにしました。CD-Rに焼きます。CD-Rなら雑に扱っても大丈夫だし、ダメになったらまたすぐ作れるし、MP3でアルバム4枚くらいしか入らないけど、もともと毎日聴くアルバムを変えていたわけではないから、必要十分かなと割り切って。

 

 うんいい感じ。

 

 CD-Rを採用。iPodClassicは遠出用と相成りました。

 

 実は、そこまでiPodClassicが好きなわでも、レアなものを持っている優越感ひ浸りたいというわけではなかったんです。ただなんとなく暇だったので、いつもと違う方法を試したかっただけなんです。

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 

七夕。笹は自宅に生えているものを用いました。

雑記

 昨日は、七夕でしたね。

 

 では、幼少のころのこういう季節イベントを過ごした思い出をお話しましょう。

 

まず、七夕ですね。七夕といえば、短冊に願いごとを書いて笹の葉つけることがメインですな。うちでは、祖母がうちの広大な敷地から笹をピックしてきて、リアル笹に多くの飾りつけをすのが毎年恒例でした。飾りつけが楽しかった。

 

 次は、秋の十五夜。ここでもまた祖母がリアルすすきをピックしてきて縁側に飾る。十五夜のおだんごも自家製。

 

 さらに、クリスマス。そう、ここまでくればご察しの通り、リアルもみの木がうちの庭にはあって、それを鉢に移しかえて、クスリマスツリー。しかし、年々大きく成長するもみの木に、だんだん鉢に移してどうのというのは辛くなってきて、数年で終了しました。

 

 ということで、リアルな季節のイベントを過ごした幼少期でした。