ガソリンを入れるのが億劫な病。

 ここ数日の懸案だった、車のガソリンの補給をしてきた。

 懸案というほど重大なものではないかもしれないが、寒くて車で出かけるのさえ億劫だったんだ。ガソリンスタンドでも車から降りて給油しなくてはいけないし。

 

 もともと、ガソリンを入れにいくのが面倒で面倒で、いつもギリギリまで先延ししている俺なんだけど。実は、寒さ以上に面倒くさい理由がある。

 

 それは、給油の作業にもたついてしまって、後続の人をイライラさせないか気になってしまうこと。それが面倒くささに繋がっている。

 でも、実際は、もたつくことはないし、他の人に「早くしろよ!」みたいな目で見られたこともないんだけど、気になる。少し病気の影響があるのかな。

 それに、現金払いはやめてカード払い、しかも電子マネーのカードにしたから、支払いもスマートにできるようになった。これ以上ないほど、給油の作業をテキパキやるための対策を講じたんだ。大丈夫だ。

 

 車で出かけるのは好きだし、仕事に行くにも車は必須なので、ガソリンの補給は避けられない。自信を持ちたい。