読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京へ行ってきた!

日記

 自分は、東京への通勤圏ではあるとある田舎に住んでいます。

 東京へは通勤していませんが、2ヶ月に1度くらい髪を切るだけのために東京へ向かいます。

 

 今日も髪を切ってきたのですが、東京の息の詰る感じはなんなんでしょうね、切迫してるというか。否、「息が詰る」と言っている人、たくさんいますよね。建物がごみごみしているとか人が多いとか言って。

 

 それより自分が切迫してると感じるのは、山手線に乗っていると見える古びた看板なんです。築40年くらいたってそうな木造アパートの壁に付いている、書いてる文字の色も薄くなっているような看板広告。看板を付けた主はもう廃業しているのではないかと思うような。

 

 毎日電車からこれを見ると思うと厳しい。東京には就職できないです。