自省する

暇さえあれば、学生時代のことを振り返って「何をしてきたんだ?」「何を得たんだ?」と問いかけることをしてきた。結局それは、今の自分の体たらくを棚にあげて、過去に現状の責任を押しつけているだけだ。現実からの逃げだ。仮に学生時代に本当に何もしていなくて、ボーっとしていただけであっても、それは誰もができることではない経験である。何もしないでボーっとしているのは、割と難しい。冒頭の「何を得たんだ?」の問いの答えは、視点を変えることで簡単に見つけることができる。

で、何を得たんだろう。20代を何もしないで過ごした成果として。そんなものはまだ30代に僕にはわからない。ひと言で表わせる程度のものではないはずだ。でも、ひとつ言えるのは、物事にはいくつかの視点があって、視点を変えることで如何ようにもなることに気づいたのは得たもののひとつだっただろう。