30代にして衰えを感じる

記事作成画面を呼び出した途端、何を書こうと思ったか忘れてしまった。…確かさっきまで30代の体力の衰えについて考えていて、20代はどうだったか振り返っていたような…

体力の衰えを感じるのは、音楽を聴く場面。ただオーディオの前に座って、聴いているだけのことが長時間はできなくなっている。アルバム1枚を聴くくらいならなんとかなるけど、休みの日だ、気合いを入れて聴くぞ!となるとキツくなる。何枚も聴けない。20年近く音楽を聴き続けているから、そろそろ飽きたのかなと思ったけど、それなら1枚も聴く気にならないんじゃないかな。衰えだと思う。

ネットで見ると、ゲームを愛好している人たちの中にも同じような感覚を持っている人がいるようだ。彼らは、サクっと軽くできるゲームに移っているようだ。音楽でサクっと軽くってあるのだろうか。BGMとかになるイージーリスニング系の音楽かな?それだと聴くというより、流す感じなりそうだ。それはなんだかなぁ。

僕は、よく真面目だと言われるくらいだから、音楽を聴くときも手を抜けない。量を聴けなくなったのは仕方がない。それなら、1枚をもっと味わうようにしたらいいと思う。右も左もわからずただ闇雲に聴いていた20代は量に頼るしかなかった。30代からは、20代の経験と蓄積をもとに、じっくり味わう聴きかたに移っていこう。

音楽を聴く時間が減ると、ほかに何かできる時間ができる。何か新しいことをはじめようかな。